AGAの原因と効果的な治療方法

AGAについてはテレビコマーシャルも流れているため認知している人が増えていますが、まだまだ知らない人も多いようです。
AGAは日本人の脱毛症の中では一番多い脱毛症で、遺伝によって親から子へと伝わります。つまり祖父母や両親、親戚などに薄毛の人がいたら、なる可能性が高い脱毛症なのです。
薄毛のなりかたに大きな特徴があり額の生え際や頭頂部の毛が主に薄くなってきます。これはAGAの原因となる男性ホルモンに対して、額や頭頂部の毛根が影響を受けやすいためで、薄毛が進んでも後頭部や側頭部の髪の毛は残っています。

だいたい30歳を過ぎた頃から影響が現れ始める人が多く、頭皮ケアをきちんとしないと薄毛はどんどん進行していきます。
AGAの治療法には様々な物がありますが、比較的安価で出来効果があるのがプロペシアという薬と育毛剤の併用による治療です。プロペシアには男性ホルモンの影響を抑える働きがあるため、AGAによる薄毛に効果的なのです。また育毛剤で発毛を促したり頭皮環境を改善する事も大切です。